士日記 hayukazu.net

hayukazuのアウトプット。暇なときに書きます。

日記・アウトプット

ノロウイルス感染症にかかった時に大切なこと

投稿日:2017年1月1日 更新日:

あれだけ注意していたのにノロウイルスによる感染症にかかりました。(ノロウイルスによる感染症を予防する上で大切なこと) そのためここ数日、更新ができず。原因は、はっきりしていて”あの時”に食べたナマモノです。なんで原因がわかったのかというと、そのナマモノを食べた全員が同じ症状になったからです。さて、今回はノロウイルスによる感染症にかかった時に大切なことを説明します。

 

下痢止めは使用しない

ノロウイルスによる感染症にかかると、多くの場合、下痢になります。下痢になると、下痢止めを使用したくなりますが、下痢止めは使用しない方が良いです。というのは、下痢により体内にあるウイルスを排出するからです。医者にかかった場合には、整腸剤を処方されることが多いです。医師に相談してみましょう。

 

水分補給をしっかりと

下痢になると、水分が体外に排出されます。水分補給や食物から水分を摂取したとしても、それ以上に下痢により排出されてしまいます。最悪の場合、脱水症状を起こすことがあります。そのため水分補給をしっかりとする必要があります。また水分を取る時には、冷たいものは腸などを刺激するので、常温〜やや温かめのものが良いとされています。水分が取れない場合や脱水症状が疑われる場合には、医師に相談しましょう。点滴をする場合にもあります。

 

誤嚥に注意

嘔吐によりむせることがあります。特に寝ていて嘔吐する場合には、誤嚥に注意してください。特に小児や高齢者には、注意が必要です。

 

 

感染を拡げないように

嘔吐や下痢がある場合には、嘔吐した場所やトイレなどを清浄しましょう。また症状が治まった後も、ウイルスは体内にとどまり、1カ月ほどは、便中にウイルスが排泄され続けることが多いようですので、できるだけ周囲の人に感染させないよう、手洗いなどに気を配りましょう。

 

-日記・アウトプット
-, ,

Copyright© 士日記 hayukazu.net , 2020 All Rights Reserved.